日本人選手がNFLスーパーボウルで活躍する事を夢見ています!!

アメフトジャパンブログ

アメリカ国内アメフト

NFL元49ersの名ワイドレシーバー(WR)、ドワイト・クラーク氏が4日に死去。

投稿日:

NFL元49ersの名ワイドレシーバー(WR)、ドワイト・クラーク氏が4日に死去。61歳。

 クラーク氏は1982年1月10日、ナショナル・カンファレンス(NFC)の決勝(対カウボーイズ)の残り58秒、QBジョー・モンタナから6ヤードのTDパスをレシーブして28―27での勝利に貢献。チームのスーパーボウル初出場に直結したこのプレーは「ザ・キャッチ」として伝説となった。そして同年のスーパーボウルでブラウンズを下して初めて王座を獲得。1985年にも2度目のリーグ制覇に貢献したが、9季目の1987年シーズンを最後に現役を退いた。

 クレムゾン大時代には3年間で33回のレシーブしか記録していなかったが、当時49ersを率いていたビル・ウォルシュ監督がその才能を高く評価し、1979年のドラフトでは10巡目(全体249番目)に指名された。そのドラフトで3巡目(全体82番目)に指名されたのがモンタナで、同期生の2人はその後、チームを支える主力となった。

 NFL通算では134試合に出場し、506回のレシーブで6750ヤード、48TDを記録。しかし昨年3月、ゲーリッグ病と呼ばれているALS(筋委縮性側索硬化症)との闘病生活に入っていることを公表し、その原因がフットボールに起因していることも示唆していた。

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/06/05/kiji/20180605s00040079132000c.html
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/06/05/jpeg/20180605s00040079102000p_view.jpg
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/06/05/jpeg/20180605s00040079105000p_view.jpg
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/06/05/jpeg/20180605s00040079104000p_view.jpg

'The Catch' & the Birth of a 49ers' Dynasty | 'The Timeline: A Tale of Two Cities' | NFL Network
https://youtu.be/14CKs0rY0jE

ドワイト・クラーク

Former San Francisco 49ers wide receiver Dwight Clark runs onto the field before the start of the "Legends of Candlestick" flag football game Saturday, July 12, 2014, in San Francisco. The game between former San Francisco 49er greats and a team of former NFL stars captained by Hall of Famer Dan Marino is the final one to be played at Candlestick Park. The park, which opened in 1960 and was also the home of the San Francisco Giants baseball team until 1999, is slated for demolition in the next year. (AP Photo/Eric Risberg)



-アメリカ国内アメフト
-,

Copyright© アメフトジャパンブログ , 2018 All Rights Reserved.